どんな仲間があるの?

高麗人参は人間の非常に高い治癒力、免疫力などを築いてくれます。
(高麗人参の基本知識http://www.gosgmp.com/gosgmp9.html)
多くの大変有効な成分、栄養が含まれています。
その栽培方法も手間、労力と歳月がかかるということもあり、大変稀少性が高く、貴重な植物です。

この高麗人参にも仲間があります。
さてどんな仲間なのでしょうか。
日本でかなり一般的なお馴染みの人参とは、全く関係がないので、名前には人参とついていますが、高麗人参の仲間ではないと思って下さい。
高麗人参と人参は二つは全く別のもので仲間ではありません。
とてもなじみのある人参は、セリ科の野菜なのですが、高麗人参はウコギ科で正式な呼び名をオタネニンジンといいます。
高麗人参と人参は全く別物ですが、高麗人参と仲間と言える植物をご紹介します。

http://www.aacip.com/highrank.htmlにも書いてあるように、
高麗人参と同じウコギ科の植物のなかに田七人参というものがあります。
田七人参、別名は中国人参と呼ばれます。
この効果、効能については下記の通りです。
免疫力を高めて、細胞の老化原因である活性酸素を抑制します。
血栓を溶解する作用をもっています。
その他、肩こり、肥満、胃潰瘍、高血圧、ストレスに対する鎮静作用、更年期障害の症状緩和、心筋梗塞や狭心症の予防、治療に有効です。
高麗人参とひけを劣らず、効果、効能は豊富という事が分かります。

たくさんの効果効能がある高麗人参にはバランスがよく多くの素晴らしい栄養素を含んでいます。(高麗人参の栄養素についてより詳しく知りたい方はhttp://www.compromisodospuntocero.org/bar.htmlもご覧ください。)

西洋人参はというものがあります。
滋養強壮に優れています。この西洋人参は高麗人参と比べても少し作用が穏やかであるということが特徴のようです。
発熱を抑え、身体に潤いを与える作用があります。
毎日に疲れやだるさを感じている人には、これを解消する成分がはいっています。
また、夏バテ防止や、毎日下痢や膨満感で悩んでいる胃腸の弱い人にもこれを改善する効果を持ち合わせているので、ぜひ試してみてほしいです。

シベリア人参というものもあります。
この植物の効果、効能とは、低血圧、高血圧、動脈硬化、心臓病などの予防、改善効果があります。
更年期障害の改善や性機能の回復、糖尿病の症状改善など、やはり高麗人参にも通じる効果、効能があるということがわかります。

以上、一部ですが、高麗人参の仲間をみてきましたが、大変、効果、効能に優れていて、身体に優しいので、ぜひ試してみたいものです。 また、こちらの高麗人参と相性の良い・悪い飲み合わせhttp://www.causeicare.com/010aisyowarui.htmlの記事も参考になると思います。