高麗人参と朝鮮人参

人間にとって大変良い効果、効能http://www.luxuryasianresorts.com/2.html
をもたらしてくれる高麗人参は、万能薬として人々の不調を改善してきました。
朝鮮人参という呼び方を聞いたことはあるでしょうか。
高麗人参は、別の呼び方の一つです。
高麗人参は長きにわたり、様々な地域で、様々な人種や民族に利用され、重宝されてきました。
各地であったわけですから、各地の名前が多数あるのは当然です。
朝鮮人参といわれるのもその一つです。
高麗人参と朝鮮人参、または次に挙げる呼び方もありますが、全て同じものです。

数百種類はその呼び方があるといわれます。
具体的には錦山人参、信州人参、出雲人参、会津人参、孤児参、陰陽参、鳳参、や紅参、白参、曲参、ヒゲ人参などなど、
こちらに挙げたのは本当に一握りですが、全て同じものです。

先述した呼び方を分析すると、由来しているものはいろいろでした。
○○人参と先に地名が入るパターンもあります。
錦山、信州、出雲、などが挙げられます。
また、加工法や形状に由来する名前もあります。まだまだ呼び方はごまんとありますが、書ききれないのでご自身で調べてみてください。
現在では日本で生産されたものと韓国で生産されたものを区別するために、韓国で生産されたものを高麗人参と呼ぶ事が一般的になっています。

学問的には和名で「オタネニンジン」が正式名称といえます。
高麗人参、や朝鮮人参は俗名です。

もともとは朝鮮半島が原産地であるとする説もありますので、古くは朝鮮人参との呼び方でで呼ばれてきました。
ですから、俗名としては朝鮮人参のほうが歴史があって、メジャーといえるかもしれません。
ただ、どれもこれも様々な説が飛び交っていますので、別の呼び方がメジャーで有名だと言い張る人もいるかもしれません。
世界でも多数の様々な地域で生産、利用されてきているので、その地域の人に聞くと、自分の地域の呼び方が最もメジャーだというのでしょうね。 より詳しく高麗人参について知りたい方はこちらhttp://www.lagoonlodges.com/2.htmlも参考にご覧ください。